バリュエーション

M&Aを実施する場合、ベンチャーキャピタルから資金調達を行う場合、外部株主を巻き込んでグループ会社の再編を検討している場合、上場前のストック・オプションの発行や、株式売買を行う場合、等において、「株価算定」が必要となります。コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、貴社が計画している取引内容や貴社の状況に合った算定方法を検討し、株価評価を行っています。また、営業譲渡・譲受という形をお考えの場合にも、「事業価値評価」という形で取引のご支援をすることが可能です。

M&A・事業再編の検討段階において、シミュレーションベースの評価、あるいは交渉前提とすべき価値の目線確定のための事業価値、株式価値評価を支援します。また、交渉相手方における想定レンジ、交渉価格の上限値、下限値の目処、価格レンジへの影響要因の分析等、状況に応じた支援が可能です。
買収、再編検討において必要な株式価値・事業価値評価を行います。予備的なシミュレーション、評価に対する助言、評価報告書の作成まで、案件の状況とニーズに応じた支援を行います。また、買収、再編等の取引目的の評価だけでなく、株式買取価格決定のための株価評価等、さまざまな場面における評価を行います。
バリュエーション
Phase.1 Phase.2 Phase.3
・基礎資料入手
・算定方法の選定
・対象会社の事業計画と外部環境である経済や
 業界見通しとの整合性の分析
・過去実績と事業計画との整合性の分析
・前提条件の設定
・レポーティング
国際財務報告基準(IFRS)適用上場会社等における、会計上必要な非上場金融商品の公正価値測定を行います。
PPA(パーチェス・プライス・アロケーション)は、M&Aにおける取得価額を資産及び負債に配分する作業です。企業結合時には、一定要件を満たす無形資産は識別してのれんと別に計上する必要があります。コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、無形資産識別にかかる助言、耐用年数の推定、無形資産評価を実施します。
PPA(パーチェス・プライス・アロケーション)
Phase.1 Phase.2 Phase.3 Phase.4
・情報収集 ・無形資産の識別 ・無形資産の測定 ・会計監査人によるレビューとフォロー
会計上求められる「のれん」減損テストについて、テスト実施要否の判断、準備の段階から、評価まで支援を行います。のれんについて年1回以上の減損テストの実施が求められる国際財務報告基準(IFRS)あるいは米国会計基準にあっては、複数年度において一貫性ある減損テストの実施を支援します。
上場会社がストック・オプションを発行する場合には、当該ストック・オプションの公正価値を算定することが求められます。ストック・オプションは通常、市場価格がないため株式オプションの価格算定モデル等の算定技法を利用して、公正価値を見積もる必要があります。コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、貴社が発行するストック・オプションの行使条件等を十分に勘案し、一般に広く受け入れられているブラック・ショールズ・モデル等の算定方法を使用してストック・オプションの公正価値を算定します。
発行済株式総数の3分の1以上を有しているオーナー経営者がストック・オプションを取得する場合や、年間1,200万円を超えて権利行使をする場合など、いわゆる「税制適格ストック・オプション」に該当せず、課税繰り延べのメリットを享受できない場合について、ストック・オプションを公正価値による有償で発行することにより、「税制適格ストック・オプション」と同様の効果を得ることが可能となります。コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングは、ストック・オプションを有償で発行する際に必要となるストック・オプションの対価の算定も行っています。
contact
弊社サービスに関するご質問・お問い合わせは、
下記のお電話もしくはWebフォームをご利用ください。
map

〒107-0052 東京都港区赤坂2-2-12 NBF赤坂山王スクエア2F

お電話でのお問合わせ TEL: 03-3224-2872
Webフォームからのお問い合せ